教員の笛・ホイッスルはどう選ぶ?おすすめのホイッスル3選!

当ページのリンクには広告が含まれています。

運動会や体育の時間、緊急時など、学校で出番の多い笛・ホイッスル。

使っているそのホイッスル、音がひっくり返りやすくありませんか?

適当なホイッスルを使っていると、いざという時に指示が通りづらくなってしまうことも。

そこで今回は元小学校教員の私が、笛・ホイッスルの選び方とともに、実際に使ってよかった笛・ホイッスルをご紹介します。

この記事を書いた人

都内の公立小学校で計7年間勤務。

産休・育休を1年間挟みましたが、1年生~6年生までの学級担任として働いていました。

現在は、1児のママとして一般企業で働きながら、複数の副業を行っています。

目次

ホイッスルの選び方

ホイッスルを選ぶポイントは、次の3つです。

  • はっきりとした大きな音が出る
  • 首にかけていても軽い・扱いやすい
  • どんな時でも音がひっくり返りにくい

1つずつ、解説します。

①:はっきりとした大きな音が出る

ホイッスルを選ぶ時は、はっきりとした大きな音が出るものが大前提。

運動会や緊急時などで利用する場合に、音が響きにくいものを使うと、合図をしっかりと伝えきることができません。

軽くふいただけでも、しっかりと音が響くものを選びましょう。

②:首にかけていても軽い・扱いやすい

ホイッスルは、基本的に首から下げて使います。

そのため、重かったり扱いづらいものだったりすると、合図を出したい時にパッと使えません。

手で鳴らすタイプは重く扱いづらいので、普段づかいは避けましょう。

③:どんな状況でも音がひっくり返りにくい

ホイッスルを続けてふいていると、中のコルクが湿って動かなくなってしまい、音がひっくり返ってしまうことも。

また、コルクの形が悪かったりコルクが欠けていたりしても、音がひっくり返りやすくなります。

どんな時でも音がひっくり返りにくい笛・ホイッスルを選びましょう。

教員におすすめのホイッスル3選!

はっきり大きな音が出て軽く、音がひっくり返りにくいホイッスルを3つご紹介します。

  • PEホイッスル
  • フォックス40
  • コーチングホイッスル

それぞれのおすすめポイントを解説します。

①:PEホイッスル|molten(モルテン)

お手頃で使いやすいホイッスルなら、モルテンのPEホイッスルがおすすめ。

軽くふいてもはっきりと音が聞こえるので、合図をしっかりと伝えられます。

中にコルクが入っておらず、水洗いができていつでも清潔です。

②:フォックス40|molten(モルテン)

よくとおる高い音が出るホイッスルなら、同じくモルテンのフォックス40。

PEホイッスルより値段は高いですが、騒音の中でもよく響く設計になっています。

こちらも中にコルクが入っていないため、水洗いが可能です。

音がちょっと高いなぁ・・・と感じるなら、少し低めの音が出るフォックス40パールを選びましょう。

ヒマラヤ楽天市場店
¥1,750 (2024/06/22 07:19時点 | 楽天市場調べ)

③:コーチングホイッスル|molten(モルテン)

特別支援学級の先生にとって、音が大きすぎるホイッスルは扱いづらいですよね。

こちらのコーチングホイッスルは、音量を抑えつつもはっきりとした音が吹ける優れもの。

短くはっきりとした音を出す機会が多い場合にもおすすめです。

まとめ:教員のホイッスルは少し良いものを選ぼう!

ご紹介した3つのホイッスルは、すべて木のコイルが入っていません。

木のコイルが入っているホイッスルは安いですが、音がひっくり返りやすかったり大きな音が出にくかったりします。

子供たちのためにも聞こえやすい、少し良いホイッスルを選びましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次